「バイオハザード:ザ・ファイナル」 - 戦闘中や恋人といるローラのスチル写真 & 予告3本を公開、TV朝日にて「Ⅳ」&「V」が2週連続放送

biohazard_the_final_m_2016_1125_01.jpg


●「バイオハザード:ザ・ファイナル」 - 戦闘中や恋人といるローラのスチル写真 & 予告3本を公開

女戦士コバルト演じるローラのスチル写真が公開された。公開された写真には戦闘中の様子や恋人クリスチャン(ウィリアム・レビ)とのツーショットがある。



劇中カットでは、ローラが鬼気迫る表情でマシンガンを撃つさまや、恋人クリスチャンを演じたウィリアム・レビとの2ショットが収められている。メタリックブルーが印象的なコバルトのマシンガンにはキーホルダーが付けられており、剣も同じ色のものを愛用しているなど、たくましさの中にもこだわりを感じさせる。そのほか、アンデッドの大群と相対するアリスの姿や、メインキャラクターが集合して敵たちを見据える光景が切り取られている。(Eiga.com







女戦士コバルトとその恋人クリスチャン














ミラジョボのスチル写真









テレビ朝日で「Ⅳ」&「Ⅴ」が地上波2週連続放送!








予告3本









私が何者であろうと、この命を燃やす―
人類滅亡まで48時間。すべては〈アリス〉に託された。

 「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが、その言葉を体現するかのように地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語の原点であるラクーンシティへ戻る。生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、いま、最後の戦いが幕を開ける。
 主人公アリスは、『バイオハザード』シリーズとともに進化を遂げてきた最強のアクション・ヒロイン、ミラ・ジョヴォヴィッチ。監督はシリーズすべてに携わってきたポール・W・S・アンダーソン。アリスと共に戦う女戦士コバルト役で日本からはローラがハリウッドデビューし参戦!クレア・レッドフィールド役で人気を博したアリ・ラーターも最終作にカムバック。そして、これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」そして「アリスの誕生」の秘密がついに明かされる?


『バイオハザード:ザ・ファイナル』  
原題:Resident Evil: The Final Chapter
日本公開:2016年12月23日(金・祝)世界最速公開 
全米公開:2017年1月27日
監督:ポール・W・S・アンダーソン  
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン、ローラ、イ・ジュンギ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン





ローラ登場したからには生き残って欲しいな。








前回

「バイオハザード:ザ・ファイナル」 - 海外新トレーラー公開、ローラの姿もあり

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/11/25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment