「ローグ・ワン」 - 「スター・ウォーズであると同時にそうではない作品。ファンを楽しませるイースターエッグが多々あり」、冒頭28分間の感想が批評家からツイートされる

star_wars_ro_2016_1013_01.jpg


●「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 - 冒頭28分間の感想を批評家がツイート

*念のためネタバレ注意




ComingSoon.netの批評家Scott Chitwootがルーカスフィルム本社が入るスタジオの総称スカイウォーカーランチとルーカスフィルムで行われた「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 ジャンケット(いわゆる特定者向けの完成ツアーかなのかな?)に出席。そこで上映された冒頭28分間の感想をツイートした。






Scott Chitwooの感想をまとめてみるとこうだ。キャラクターに関しては公式の紹介と照らし合わせてね。

・ファンの為のイースターエッグがたくさんある

・スター・ウォーズではあるが、同時にスター・ウォーズではない作品

・ジンは気に入ったし、キャシアンには驚かされた

・イントロにスターウォーズのロゴはない

・K-2SOは素晴らしいこの映画をもっていくキャラ

・新しい世界は素晴らしい

・デス・トルーパーの効果音は興味深い

・クレニックは帝国のヴィランとは異なっていて、ダークサイドな皮肉を用いる

・新しいエイリアンや実用的なコスチュームもいい

・素晴らしいグレート・テンプル(ヤヴィン4)の新しい姿がある



グレート・テンプル(Great Temple)は、一般的にマサッシ・テンプル(Massassi Temple)と呼ばれていた衛星ヤヴィン4の寺院。シスの秘術を使ってマサッシの民を征服したシス卿、ナガ・サドウを崇めるために建てられた。銀河大戦の時代、共和国再建のための同盟はこの寺院を秘密基地として使用し、ニュー・ジェダイ・オーダーのジェダイ・プラキシウムとしても活用された。グレート・テンプルはユージャン・ヴォングがヤヴィン4を侵略した際に破壊された。(Wikia







感想以外にも現地での様子が動画と写真で紹介されている













「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」12月16日(金)公開



一批評家の感想だが期待できる言葉だった。ロッテンやメタクリが出るまでもう少しかかると思うが、楽しみにしている人はひとまず安心できたかと思います。







前回

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 - オープニングクロールはなしと監督明言 & 今作に"新たなる希望"はなし!?続編はないとルーカスフィルム社長





Source: Super Hero Hype
Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/12/03
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment