スカーレット・ヨハンソン主演ハリウッド版「攻殻機動隊」 - 2017年4月7日(金)に公開日決定!特報と幕間映像が公開

GiTS_2016_1113_01.jpg


ハリウッド版「攻殻機動隊」 - 公開日決定、特報と幕間映像公開


「攻殻機動隊」の英題である「GHOST IN THE SHELL / ゴースト・イン・ザ・シェル」で日本公開となるハリウッド実写作品版。公式Twitterがオープンしmスカーレット・ヨハンソン主演、日本からはビートたけし、桃井かおり、福島リラが出演する今作の公開日が 2017年4月7日(金)に決定した事が発表された。そして新たに特報と幕間映像が公開されている。幕間映像は17日(土)より全国劇場(一部除く)にて上映される映像。映像ではスカーレット・ヨハンソンは「圧巻です」、ビートたけしは「かなり凄いですよ」と豪語。













全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』をハリウッドで実写映画化。世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。
















悪役はTVアニメ版「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」シリーズ登場したクゼをマイケル・ピットが演じるが、人形使いや笑い男の要素を混ぜ、人形遣いでもなければクゼでもないキャラクターでになると監督やプロデューサーからの情報が出ている。

悪役クゼは"人形使いや笑い男の要素を混ぜたキャラ"、人形使いではないのは"物語の良さを実写映画では完全には表現できない為"と製作サイド語る




「ゴースト・イン・ザ・シェル」 2017年4月7日(金)日本公開









前回

ハリウッド版「攻殻機動隊」 - アニメ作品の素材を使い、実写版トレーラーと比較した映像が登場


Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/12/16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment