あのシーンはこうやって加工された!「Batman v Superman / バットマンVSスーパーマン」 - VFX紹介映像公開

BvS_2016_1222_01.jpg


●「Batman v Superman」 - VFX紹介映像公開


「バットマンVSスーパーマン」の新しいVFX紹介映像がScanline VFXより公開された事をBatman Newsが伝えた。「バットマンVSスーパーマン」もScanline VFXの参加作品である。










Scanline VFX (Wikiepdia)



スキャンラインVFX(Scanline VFX)はドイツのVFX制作会社である。1989年に設立され、現在国内に3つの制作拠点(ミュンヘン、ケルン、シュトゥットガルト)を構えている。

同社独自で開発された流体シミュレーション・ツール「Flowline」で有名で、2008年にアカデミー科学技術賞を受賞している。Flowlineは水、炎など様々な流体エフェクトに使用されている。

主な仕事は大作映画、テレビドラマであり、VFXや3DCGアニメーション、ポストプロダクション業務などを請け負う。

2007年にはアメリカのカリフォルニア州マリナ・デル・レイにロサンゼルス支社、2011年にはカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーにバンクーバー支社を設立した。スキャンラインVFXロサンゼルスは映画『2012』などに従事している。







映像加工前後の物は、Blu-rayの映像特典にもいくつか映像としてあるが、それ以外に写真で出ている。

●「Batman v Superman」 - VFX効果前後を紹介するフォト、約30枚公開
BvS_2016_0409_01.jpg










前回

ザック・スナイダー監督、「Batman v Superman / バットマンVSスーパーマン」での記念すべきバットマンバットマン初イメージ時の新たなバットマンの1枚を投稿





Source: Batman News
Category: Batman v Superman / バットマン VS スーパーマン
Published on: 2016/12/22
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment