「Wonder Woman / ワンダーウーマン」 - 剣「ゴッド・キラー」を手にする写真が公開、状況を説明する監督の言葉からストーリーの一部が明らかに!

wonder_woman_2016_1223_00.jpg


●「Wonder Woman」 - 剣を手にする写真が公開!


2017年夏日本公開の「ワンダーウーマン」。Entertainment Weekly(EW)より新たなスチルが公開。写真と併せ状況を説明する記事を載せた。また、この時のワンダーウーマンの気持ちがどういった物なのかを説明するパティ・ジェンキンス監督の言葉も紹介し、そこからストーリーの一部が明らかとなった。






EWによると写真でワンダーウーマン / ダイアナ・プンリス(ガル・ガドット)が手にしているのは"The God Killer / ゴッドキラー(神殺し) "と呼ばれるアマゾン族の伝説の剣。母である女王ヒッポリタ(コニー・ニールセン)に背き、アマゾン族の武器庫に侵入、人間達を救うべくヨーロッパへと向かう直前にこの剣をワンダーウーマンは盗むそうだ。

監督はこの写真のワンダーウーマンがどういった気持ちなのかを「人間世界の恐ろしさを彼女は耳にします。しかし、彼女は人類が困窮していて脅されている状況である事も知る。ここは彼女が人々を助けるかどうかを決定する重要な瞬間なんです。」と説明している。




このスチルに近い映像はトレーラーの01:08辺りに描かれている。EWで語られた内容を頭に入れてもう一度このトレーラーを見るとより味わい深くなる。




ダイアナがワンダーウーマンになる以前、アマゾン族の王女である彼女が不屈の戦士として訓練を重ねている時代の物語。ダイアナは危険から守られた島で育っていたが、アメリカ人パイロットがその島に墜落。彼は外の世界での激しい大規模な紛争を語り、ダイアナはその脅威を阻止できると確信、故郷を離れ人々と共に戦争を終わらせる為に戦う。その中でダイアナは彼女の力の全てと真の運命を知る事となる。



「ワンダーウーマン」 2017年夏 日本公開




映画「ワンダーウーマン」はダイアナ・プリンスの成長を描く作品と伝えられている。この写真のシーンは色んな気持ちがダイアナの中で入り交じり重要なシーンだなと状況や監督の説明を読んで思いました。

ちなみにEWにはこの写真をとったのはクレイ・イーノスと書かれている。








前回

「Wonder Woman / ワンダーウーマン」 - 新たな写真が2枚公開





Source: Entertainment Weekly (via Heroic Hollywood, Super Hero Hype)
Category: Wonder Woman / ワンダーウーマン
Published on: 2016/12/23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment