「エイリアン: コヴェナント」 - 過激描写ありのレッドバンドでトレーラーを公開

Alien_Covenant_2016_1224_01.jpg


●「Alien: Covenant」 - トレーラーを公開


昨日の告知通りトレーラーが公開された。北米では過激な描写とみなされレッドバンドとなった様子。今作は「エイリアン」の前日譚である「プロメテウス」続編となる作品。

同作は、銀河系のはるか彼方にある惑星に向かう宇宙船コヴナントの物語だ。乗組員は未知の楽園を発見したと信じていたが、暗黒で恐ろしい世界ということが判明する。この惑星にいる唯一の住人は、絶望的な運命をたどったプロメテウス号から生還した人造人間のデヴィッド(ファスベンダー)だ。(Variety







(仮に年齢制限が出て見れない場合はUK版をチェックしてね)



過激描画があったトレーラー。リドリー・スコット監督をダニエルズ役キャサリン・ウォーターストンは「サディスティック」と語る。

スコット監督と仕事をした感想を「彼は巨匠です!10歳か25歳並みのエネルギーを持っています」とEWに語っている。またウォーターストンは「劇場で人々に悲鳴を上げさせるのが大好き」として、監督を「サディスティックだ」とも表現している。

一方、スコット監督もシリーズ最新作についてインタビューに応じており、前作「プロメテウス」(2012年)で残された疑問の一部が解消されることを約束している。「『コヴナント』では誰が何故やったのかということが明かされます」と監督は述べている。(IGN





監督: リドリー・スコット
出演: マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、ジャシー・スモレット、エイミー・サイメッツ、カルメン・イジョゴ、カリー・ヘルナンデス、ビリー・クラダップ、アレクサンダー・イングランド、ベンジャミン・リグビー

「Alien: Covenant / エイリアン: コヴェナント」 2017年5月19日全米公開、日本では9月に公開される











前回

「エイリアン: コヴェナント」 - トレーラー公開日の告知映像公開 & ジェームズ・フランコ出演が明らかに

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2016/12/25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment