「レジェンド・オブ・トゥモロー シーズン2」 - 第9話に若き日のジョージ・ルーカス登場、映画学校を辞め、「スター・ウォーズ」といった名作達が生まれない事態に

george_lucas_2016_1228_01.jpg


●「Legends of Tomorrow Season2」 - 第9話に若き日のジョージ・ルーカス登場


時を超えて物語が進行する「レジェンド・オブ・トゥモロー」。製作総指揮のマーク・グッゲンハイムがEntertainment Weeklyに来年放送される第9話について語った。

第9話にはマット・エンジェル演じる若き日のジョージ・ルーカスが登場。アトム/レイ(ブランドン・ラウス)、シチズンスティール/ネイト(ニック・ザーノ)の人生に大きな影響を及ぼす事態になるそうだ。

舞台は1967年でリップ・ハンター(アーサー・ダーヴィル)が監督業を営んで生きている時代。ジョージ・ルーカスが映画学校を辞めるという本来の時間軸から外れる状況になるとの事。その結果として「スター・ウォーズ」見てエンジニアとなったレイや「レイダース」を見て歴史学者となったネイト、彼らがインスピレーションを受けた作品が世に生まれない世界になり、2人の存在に大きな影響を及ぼす事態になってしまうという内容が描かれるそうだ。

この第9話は北米The CWにて1月24日放送。エピソード名は「Raiders of the Lost Ark(レイダース/失われたアーク)」をもじり「Raiders of the Lost Art (レイダース/失われた芸術)」となっている。







「また、このドラマ無茶しやがって」と言いたくなりそうなエピソードになりそうだな。








前回

「レジェンド・オブ・トゥモロー シーズン2」 - 第8話にキャプテン・コールド、マルコム・マーリン、ダミアン・ダーク、イオバード・ソーン登場!予告とスチル公開





Source: Comic Book Movie, IMDB
Category: DC Comics (TV series) / DCコミックス原作ドラマ
Published on: 2016/12/28
  • Comment: 0
  • Trackback: 0