DCコミックス原作映画「シャザム」 - スーパーマンVSブラック・アダム実現か?ドウェイン・ジョンソン/ザ・ロックがDCコミックスとミーテング、その後「希望的で先行きよく楽しいぜ」と報告!

Shazam_the_rock_2017_0112.jpg


●「Shazam」 - ドウェイン・ジョンソン、DCコミックスとミーティング


ドウェイン・ジョンソン/ザ・ロックがヴィランのブラック・アダムとして出演する2019年4月に公開の「シャザム」。今作のプロデューサーであり、ドウェイン・ジョンソンの製作会社セブン・バックス・プロダクションの副社長を勤めるハイラン・ガルシアがドウェイン・ジョンソンとDCコミックスとの間に「シャザム」と"いづれ訪れる大きな事"についてのミーティングがある事をアナウンスした。









ミーティング後、ドウェイン・ジョンソン"先行きよし"、DCジェフ・ジョンズ"最高の会議"



ミーティング後にドウェイン・ジョンソンがInstagramにメッセージを投稿。「DCユニバース全体についてDCコミックス幹部と非常にクールで戦略的なミーティングを行った」と伝え、DCの熱烈なファンの一人として「将来の映画に関するトーンの変更や発展についての感触を得て興奮している。俺達DCファンがかなり長い年月待っていた物だ」と報告。そして「Hope, optimism & FUN.(希望的で先行きよく楽しいぜ)」と短い言葉で表した。






そして、DCエンターテイメントの代表兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)であるジェフ・ジョンズもまた「これまでで一番最高のミーティング」と実のあるミーティングであったと伺えるツイートを行った。





スーパーマンVSブラック・アダム実現か?

Superaman_v_Black_Adam_fan_art_2017_0108_01.jpg


昨年末にスーパーマン役ヘンリーカヴィルと共にドウェイン・ジョンソンはメッセージを送っており、「スーパーマンとブラックアダム」の対決があるのではと期待され、ファンアートも生まれた

その事とハイラン・ガルシアの"いづれ訪れる大きな事"という言葉、ミーティング後のドウェイン・ジョンソンの感触からスーパーマンも関する事かもと伝えるサイトもある。

果てして何が語られたのか?今後どのような驚きの情報を出すのかを楽しみに待たなければならない。







前回

「Shazam ! / シャザム!」 - 同じDCEUではあるが自主性あり、ドウェイン・ジョンソン演じるヴィランに合うトーンの脚本と製作側語る





Source: Batman News(1), (2), Comic Book Movie

Category: Shazam! / シャザム!
Published on: 2017/01/12
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment