ベン・アフレック監督・脚本・主演「夜に生きる」 - 激動の時代を生き抜こうとするギャング達の生きざまを描いた犯罪ドラマ、国内版ポスターと予告が公開 & 「ジャスティス・リーグ」版ファンアート

Live_by_Night_2017_0119_01.jpg


●「夜に生きる」 - 国内版ポスターと予告公開


今週末、ベン・アフレック主演の「ザ・コンサルタント」の公開が控える中、ベン・アフレック監督・脚本・主演の「夜に生きる(原題:Live by Night、公開中)」のポスターと予告が公開された。



作品紹介

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、彼女は対立組織のボスの娼婦だった…それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、ジョーの運命は大きく狂っていく……。

復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛。激動の時代を生き抜こうとするギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマ。デニス・ルヘイン(「ミスティック・リバー」「シャッター・アイランド」)による傑作ノワール小説をもとにベン・アフレックが自ら監督・主演・脚本も担当する。















「夜に生きる」2017年5月20日 日本公開





「ジャスティス・リーグ」版ファンアート




海外ではこの作品よりも「The Batman」が注目されており、頑張って作り上げた作品なのに、メディアが「The Batman」に関する質問ばかりをするので、ストレスが溜まっている事をベン・アフレック本人が語っている。

関連: 「The Batman」 - ベン・アフレック新たに「監督やるよ」とTVで回答






Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/01/19
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment