DCコミックス原作映画「シャザム」は分割、ドウェイン・ジョンソンのブラックアダム単独映画化に!「シャザム」には出ず、「アクアマン」に登場の情報

Black_Adam_2017_0120_00.jpg


●「Shazam!」 - ブラックアダム単独映画化


2019年公開の「シャザム」。ドウェイン・ジョンソン/ザ・ロックとDCコミックスがミーティングを行った後にブラッド・ペイトン監督を行うという可能性が先日報じられた。本日、新たにThe Hollywood Reporter(THR)が新情報を伝えた。

情報によるとドウェイン・ジョンソンが演じるブラック・アダム、「シャザム」でのヴィランになると伝えられているこのキャラクターは単独映画にもなるそうだ。Deadlineも同じ事を伝えている。Comic BookはDeadlineをソースとして「ザ・ロックは2作品のDC映画を撮るかもしれない」と報じた。

THRのリポーターBorys Kitがさらに情報を紹介した事をHeroic Hollywoodは紹介。その情報によると「シャザム」にはブラック・アダムは(ヴィランとして)登場しないそうだ。しかし「アクアマン」に登場する可能性はあるという事も伝えた。








「Shazam / シャザム」 2019年4月5日全米公開




先日のDCとのミーティングはブラックアダム単独映画に関しての事だったのだろう。THRリポーターの情報は本当かわからないが、先日には「アクアマン」のジェームズ・ワン監督とドウェイン・ジョンソンとの間でツイートが行われており、二人は「ワイルド・スピード SKY MISSION」で共に映画を撮った仲なので「アクアマンに登場はあるかもな」と思いました。








前回

「シャザム」 - 監督にブラッド・ペイトンの可能性が浮上 & ジェームズ・ワン監督、ドウェイン・ジョンソンにツイート





Source: The Hollywood Reporter (via Batman News, Heroic Hollywood), Deadline (via Comic Book)

Category: Shazam! / シャザム!
Published on: 2017/01/20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment