「スターウォーズEP8」タイトル名発表「Last Jedi」とは誰なのか、松方さん死去に辰兄涙、「デススト」デル・トロ監督は俳優として参加、「Sherlock S4」流出犯特定されるなど

Starwars_Ep8_2017_0124_01.jpg

「スター・ウォーズ:エピソード8」の「Last Jedi」とは誰なのか





star_wars_ep8_2016_0216_01.jpg


「Last Jedi」の予想を書いたIGNの記事が面白かったです。

(「フォースの覚醒」で)ルークとレイ2人のジェダイが生き残っていることが分かった。

「Jedi」は単数でも複数でも使われるから、「The Last Jedi」はルークとレイの2人を指すのかもしれない。

あるいはレイに代表される新世代のジェダイを意味する可能性もある。

「The Last Jedi」はまた、ルークだけを意味するかもしれない。「フォースの覚醒」のオープニングでこの反乱軍の英雄が「the last Jedi」と呼ばれたことを忘れてはいけないだろう。

最後のジェダイはルークとレイ、そしてカイロ・レンを意味することもあり得る。
(IGN)


とこんな感じに予想がみっしりと書かれているので、面白い記事。チェックしてみてね。






松方さん死去に辰兄涙








僕が最後に見た松方弘樹出演作品は昨年12月にBSで放送された「柳生一族の陰謀」。(めっちゃ面白かった。)

僕が松方弘樹さんで強く印象に残っているのは2つ。
・SNSでも言われている「十三人の刺客」の殺陣。僕は「迫力が違うなあ」と思い楽しみ、「松方一人だけスゲェ」と一緒に見た友人はめっちゃ感動していた。
・ジャッキー映画「80デイズ」での吹き替え、本職声優方を除く有名人の中では際立って上手な松方さんの声の演技を聞いて「有名人を使うにしても上手い人を使わないとやっぱだめだよな」と思った。俳優やタレントを声優に使うのは良いがこういう上手い人を使ってよと初めて感じた作品だったので印象に残っています。










デル・トロ監督が小島秀夫監督の「DEATH STRANDING」での役割について語る




デル・トロ監督は俳優として本作に参加

デル・トロ監督は続ける。「これは完全に小島さんのゲームです。100%素晴らしいゲームになると思います。ですが、本作はあくまで彼の作品であり、彼のアイディアです。私は彼の手の上で踊る操り人形にすぎません。私の貢献は、彼のアイディアのチアリーダーであること、何時間もスキャンされることに限られています。それだけです」









「Sherlock」シーズン4最終話の流出事件、犯人が判明

『SHERLOCK』シーズン4最終話がロシアで流出!BBCが原因究明に乗り出す(Kaigai Drama Navi)




流出したロシア語版の犯人が判明。ロシアで同作を放送しているChannel Oneの従業員との事。氏名は明かされず。












「レゴバットマン ザ・ムービー」2017年4月1日日本公開











ブルース・リーの師匠でもある武術家イップ・マンを主人公に据えた人気アクションの第3弾。1950年代末の香港を舞台に、悪徳不動産業者に挑む彼の姿を、家族との絆を絡めて描く。監督にこれまでのシリーズ同様ウィルソン・イップ、キャストに『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのドニー・イェンや、リン・ホンら前2作のメンバーが結集。ドニー・イェンが見せる立ち回りに加え、ボクシングの王者としてその名をとどろかせてきたマイク・タイソンの出演も見どころ。

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/01/24
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment