「ジョン・ウィック: チャプター2」 - 日本公開日7月7日に決定 & 前日譚がテレビシリーズ化する可能性を監督が語る

John_Wick_C2_2016_1219_02.jpg


「John Wick: Chapter 2」 - 日本公開日7月7日に決定






リーブスは、今作について「レベルが上がっているよ!」と語り、「世界が広がっているし、地下世界での戦い、コミカルなシーンもたくさんあって、新しいキャラクターも出てくるしサプライズもドラマも、悲しみもある」と完成度の高さに太鼓判を押した。

前作に続きメガホンをとったスタエルスキ監督は、「とても楽しく、ものすごい挑戦だった。そしてよりスケールアップし世界が広がった。明晰なスタッフが集まり、アクションをスケールアップしようとして巧みさも出した」と製作期間を振り返る。さらに、リーブスが「脚本、ストーリー、セリフのすべてに関わっている」と明かし、「格闘シーンが出来上がったらそこに何を足せるのかを考えるんだ」「彼の楽屋のドアを叩き、アドバイスをもらわない日はなかったよ!」と称えていた。



あらすじ

「影の国際暗殺者ギルドを掌握しようとするかつての仲間によって引退から戻される事になるジョン・ウィック。血の誓いにより彼を助ける為、ローマへ向かい世界最悪の暗殺者達と戦う事に」



「John Wick: Chapter 2 / ジョン・ウィック:チャプター2」 2017年2月10日全米公開 7月7日日本公開

先日には劇中のアクション"ガンフー"を紹介する映像が公開された。

関連: 「ジョン・ウィック: チャプター2」 - 柔術や柔道等を組み合わせた目玉の"Gun Fu(ガンフー)"に焦点を当てた解説映像が公開




●前日譚がテレビシリーズ化する可能性

チャド・スタエルスキ監督が前日譚の可能性について語った事が報じられている。

同続編のプロモーションのためイベントに登壇したスタエルスキ監督とデレクは、すでに前日譚を執筆済みであり、それを映画化ではなくテレビシリーズ化する可能性について言及。スタエルスキ監督は、「えっと、この続編*は前日譚ではないんだ。そうしたかったんだけど、うまい具合にいかなくてね。実は、前日譚の脚本は書いてあるんだ。でもそれは、ほかの所有権のためにとっておいてある。ライオンズゲイト(製作)は、『ジョン・ウィック』のテレビシリーズ化にとても興味を持っている。僕たちにとっても、多くのクリエイティブなアイデアを実現させるのにとても魅力的なんだ。だって、テレビではその世界観を拡大できるし、たった2時間の映画でやったこと以上に素晴らしいものができると思うからね。今、語られているストーリーを締めくくり、テレビ化のために前日譚のアイデアをためるだろう」と語った。(Cinema Today


*本文中の監督の言葉"この続編"とは「チャプター2」の事を指している。

映画情報サイト"/Film"がもたらした情報を日本で紹介したシネマトゥデイはパート3やVRゲーム、コミック化の話も報じられている事を伝えている。










前回

「ジョン・ウィック: チャプター2」 - 柔術や柔道等を組み合わせた目玉の"Gun Fu(ガンフー)"に焦点を当てた解説映像が公開

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/03
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment