「アクアマン」 - ブラック・マンタ役、既に決定か?ドウェイン・ジョンソン/ザ・ロックが歓迎のツイートを行う。この事からブラック・アダムが「アクアマン」登場の噂も濃厚に!

Shazam_the_rock_2017_0112.jpg



●「アクアマン」 - ブラック・マンタ役、既に決定か?




先日、ニコール・キッドマンのアトランナ役と共にブラック・マンタ役に交渉中と報じられたヤヒヤー・アブドゥル・マティーン二世。現在ワーナー・ブラザースからは正式な発表が行われていないが、ドウェイン・ジョンソンが彼に対し、歓迎のメッセージをツイートした事が確認された。ドウェイン・ジョンソンとヒヤー・アブドゥル・マティーン二世は2017年5月16日全米公開の「Bay Watch」で共演している。




ブラック・アダムが「アクアマン」登場の噂が濃厚に!



(ドウェイン・ジョンソンが行ったお祝いと歓迎のツイート。"Welcome to the club."に注目して欲しい)

ドウェイン・ジョンソンはブラック・アダム役であり、先月ドウェイン・ジョンソンとDCコミックスがミーティングを行い、後にそれが2019年公開の「シャザム」を分割し、ブラックアダムの単独映画化のミーティングであった事が明らかとなる。

そのミーティングが行った後、以前にドウェイン・ジョンソンが出演した「ワイルド・スピード SKY MISSION」の監督であり、「アクアマン」の監督でもあるジェームズ・ワンからドウェイン・ジョンソンに歓迎のメッセージが送られた。

その際にドウェイン・ジョンソンとェームズ・ワン監督とのやりとりでつかわれたのが"The Club(ザ・クラブ)"という言葉。このブログでも紹介したが、これはDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)をクラブと表現した言葉で"Welcome to the club."はDCEU入りをしたという意味になる。

ブラックアダムの単独映画化が報じられた時、The Hollywood Reporter(THR)のリポーターが「シャザム」にはブラック・アダムは(ヴィランとして)登場しないそうだ。しかし「アクアマン」に登場する可能性はあるという情報を伝えた。

今回のこのツイート、知っている監督作品に別の映画での共演者がその監督の作品であり同じユニバースに加わる事に対する単なるお祝いメッセージかもしれない。しかし、THRリポーター情報があるだけに「アクアマン」に現在関係があるのかわからないブラック・アダム役ドウェイン・ジョンソンがメッセージを送った事は、もしかするとブラック・アダムが「アクアマン」に登場するという可能性が濃くなったという事も匂わせる。Heroic Hollywoodは「公式には認められていないが、ブラック・アダム登場の可能性はある」と書いた。

公式発表前にドウェイン・ジョンソンがDCEU入りを認めたこのツイートやこれまでの発言から、ますますドウェイン・ジョンソンがこれからもDCEUい関する情報を色々と明かしてくれるだろうと期待が高まる。


映画「Aquaman / アクアマン」 2018年10月5日 全米公開
監督:ジェームズ・ワン(「ソウ」、「死霊館」シリーズ)、脚本:ウィル・ビール(ジェフ・ジョンズとジェームズ・ワンの草案を基に執筆される。)
主人公アクアマンはジェイソン・モモア、ヒロインのメラ役にアンバー・ハード、アクアマンのメンターであるヴァルコ役はウィレム・デフォーが演じ、2017年冬公開の「ジャスティス・リーグ」にもこの3人は登場する。今作のヴィランはパトリック・ウィルソンが演じるオーシャン・マスター。



未確定に噂を重ねるというのは良くないが、皆さんはどう思う?







Source: Heroic Hollywood
Category: Aquaman / アクアマン
Published on: 2017/02/04
  • Comment: 0
  • Trackback: 0