「ローガン」 - ローラの痛ましい手術シーンやウルヴァリンと同じ再生能力を持つ事を示す映像が公開

Logan_2017_0124_01.jpg


●「ローガン」 - ローラの手術シーンを公開


「ローガン」の新映像"Laura.mov"が公開された。公開された映像はダフネ・キーン演じるローラの手術シーンと術後の様子となっている。

手術シーンではアダマンチウムを移植されている様子と"Tissue(組織) Regeneration(再生)"と"Cell(細胞) Regeneration"といった再生能力を示す言葉がモニターに表示されているのが確認できる。また術後にはローラーが自分の腕を軽くひっかくが傷がすぐに治るという様子が描かれ、アダマンチウムの爪と再生能力、ローラにはローガンと同じ能力があるという事も確認できる。









近い将来、疲労したローガンはメキシコの国境に隠れ、病気を患っているプロフェッサーXを看病している。

しかし世界とローガンの遺した物から隠れるというローガンの試みは、暗黒の勢力に追跡された若いミュータントが到着した時、失敗に終わる。



「Logan/ローガン」 2017年6月日本公開








前回

「ローガン」 - 爪むき出し、夕日をバックにしたIMAXポスター公開





Source: Heroic Hollywood

Category: X-Men Films & TV Series
Published on: 2017/02/16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment