「スーサイド・スクワッド2」 - 監督としてメル・ギブソンと交渉中、その他にもダニエル・エスピノーサ等も候補に挙がる

Mel_Gibson_2017_0216.jpg


●「Suicide Squad 2」 - 監督としてメル・ギブソンと交渉中


ワーナー・ブラザースが「スーサイド・スクワッド2」の監督としてメル・ギブソン(「ブレイブハート」「ハクソー・リッジ」)と初期段階の話し合いを進めているという情報を入手した事をThe Hollywood Reporter(THR)が伝えた。THRのソースによるとメル・ギブソンは現在、素材を理解しようとしているそうである。Deadline Newsはこの話を聞いた事があると報じた。

THRはメル・ギブソン以外にもダニエル・エスピノーサ(「デンジャラス・ラン」)も候補である事を伝え、Varietyはルーベン・フライシャー(「ゾンビランド」)、ジョナサン・レヴィン (「ウォーム・ボディーズ」)も候補のリストにあると伝えている。

メル・ギブソンは昨年のDeadlineのインタビューにて「バットマンVSスーパーマン」の製作費が2億5000万ドルと聞いた際、コミックブックのヒーローには興味がない事を語っている。「本物のスーパーヒーローとコミックブックのスーパーヒーローの違いは何だと思う?本当のスーパーヒーローはスパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)製のスーツを着ない。だから私にはわからない。スパンデックスはコストがかかる。」と語り、「バットマンVSスーパーマン」は「クソ映画」だと言っている。この発言があったので、このニュースに対し「変な選択だな」とBatman Newは書いた。

昨年公開された「スーサイド・スクワッド」は全世界で7億4500万ドル以上の興行収入を生み出し、監督であったデヴィッド・エアーは同作に登場し人気を得たマーゴット・ロビーが演じるハーレイのスピンオフ作品の監督に決定している。またハーレイと同じくウィル・スミスが演じたデッドショットのスピンオフ計画があるという情報も出ている。

メル・ギブソンが10年ぶりに監督を務めた「ハクソー・リッジ」。今年の第89回アカデミー賞の6部門にノミネートされている作品で、本日日本公開日が6月24日であると本日発表されたばかり。







メル・ギブソンの発言を知っていたので、このニュースを目にした時「マジ?」とBatman Newsと同様の事を思った。





Source: Batman News, Heroic Hollywood
Category: Suicide Squad 2 / スーサイドスクワッド2
Published on: 2017/02/16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment