「ゴースト・イン・ザ・シェル」 - クゼ、サイトーが登場する国内版新予告公開

GitS_2017_0202_01.jpg


●「ゴースト・イン・ザ・シェル」 - クゼ、サイトーが登場する国内版新予告公開


4月公開の「ゴースト・イン・ザ・シェル」。国内版新予告が公開された。日本ではサイトー(泉原豊)、クゼ(マイケル・ピット)も登場としてCinema Todayが伝えた。


公開された新予告編には、ヘリコプターから降り立つ9課の面々が登場。その中にはバトーに加え、左目が義眼の狙撃手サイトーとおぼしき人物も確認できる。さらに押井守監督の劇場版を思わせる、少佐が多脚戦車の銃撃から身を隠すシーンも。最後は「奴らは命を救ったんじゃない。奪ったんだ」と言い放つクゼと思われる人物が少佐の顔のパーツをはずし、その内部がむき出しになる衝撃的なシーンで幕を閉じる。(Cinema Today









監督: ルパート・サンダース
CAST: スカーレット・ヨハンソン/ビートたけし

全世界で大絶賛されたSF作品の金字塔『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』をハリウッドで実写映画化。世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。



「ゴースト・イン・ザ・シェル」 2017年4月7日(金)日本公開



今週月曜日には海外からトレーラー第2弾が公開されている(下記前回)。







前回

「ゴースト・イン・ザ・シェル」 - たっぷり2分越え、新映像ありのトレーラー第2弾公開



Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/17
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment