X-Men映画シリーズのスピンオフ「X-フォース」 - 脚本家にジョー・カーナハン

x-force_2017_0223_01.jpg


●X-Men映画シリーズ「X-フォース」 - 脚本家にジョー・カーナハン


「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」「THE GREY 凍える太陽」のジョー・カーナハンが映画X-Menシリーズの「X-フォース」の脚本を担当する事をColliderが伝えた。

Super Hero Hypeの初心者向け説明を参考にすると「X-フォース」は90年代初頭に生まれた作品で時期によってメンバーは違うがウルヴァリン、デッドプール、サイロック、コロッサスといった実写映画に登場したキャラや「デッドプール2」に登場するとされているケーブル、ドミノ等からなり、X-Menへのカウンターパートとして"より好戦的"で"よりアグレッシブ"なチームと説明している。

「デッドプール2」の情報が出始めた頃には「デッドプール2はX-フォース誕生というストーリーになるのでは?」と囁かれ、その後「デッドプール3」がXフォースの映画になると言われている。



公式発表待ち。






Source: Collider ( Super Hero Hype , Heroic Hollywood)

Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/02/23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment