「ジャスティス・リーグ」 - ダークサイドは劇中に登場するのかについての新情報が出る

Justice_league_Darkseid_2017_0307_01.jpg


●「Justice League」 - ダークサイドは劇中に登場するのか?


11月公開のDCコミックス原作映画「ジャスティスリーグ」。今作のメインヴィランはキーラン・ハインズ演じるステッペンウルフでダークサイドではないと発表されている。ダークサイドの登場はあるのかについてThe Wrapのリポーターであるウンベルト・ゴンザレスがライブ動画で語った。

ウンベルト・ゴンザレスのソースによると"ダークサイドは現れるが会話はない"との事。


Darkseid
ダークサイド




金儲けをたくらむ悪党(ヴィラン)がいる。敵に戦いで勝つことを望む者がいる。国を征服し、あるいは惑星を支配しようとする者がいる。こうした悪党(ヴィラン)たちを超える者がいる。世界をただ征服する以上の野望を抱いている。人間だけでなく――あらゆる存在の支配を望んでいる。ダークサイドがDCユニバースの悪党(ヴィラン)として登場した時、これ以上強力で凶悪な悪党(ヴィラン)は存在しなかった。

アポコリプスの世界の独裁者ダークサイドは、世界最強のヒーローたちが恐ろしいまでに小さく見えるほど大きな規模で活動してきた。パラデーモンという強力な生物の軍を指揮し、その宮廷は宇宙における最も堕落した、残虐行為を好む、恐ろしいほど強力な存在で構成されている。ダークサイドの限りない力は、その計り知れないほどの知能に匹敵するもので、目的を果たすために、普段は他の者を操り、支配することを好むが、ジャスティス・リーグの全員に単独で直接立ち向かうことができる。

ダークサイドは宇宙のすべての生物を奴隷として支配し、存在を望む姿に再構築し、究極の支配を及ぼすことを望んでいる。自由意志を根絶やしにし、ありとあらゆるものを支配し、足元に跪かせ、言いなりにすることを望んでおり、その手段を持っている。途方もない物理的な力、知性、神のような力とパラデーモンの軍を持ち、ダークサイドはこの世界とヒーローたちばかりでなく、彼の手が届く範囲にあるすべての世界に対する脅威である。まさにこの宇宙で最も危険な唯一の悪党(ヴィラン)なのである。


キャラクター情報
特殊能力: 強力な力、耐久力、天才的な知能、戦略、エイリアンテクノロジー、瞬間移動、エネルギー噴出
拠点: アポコリプス
(Warner Bros.)





ストーリー関連情報

「ジャスティス・リーグ」 - ヴィランや目的がより具体的に書かれた新たなあらすじが公開!




あらすじ

命を犠牲にして地球を守ったスーパーマンの行動により、人類への信頼を取り戻したバットマン。彼は新たな仲間ワンダーウーマンと共に、さらなる強大な敵へと立ち向かうため、孤独に戦うヒーローたちを見つけ出し、最強チームを結成するため立ち上がる。だが、バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュからなる究極のスーパーヒーローによる最強チームの結成にもかかわらず、地球を破滅させてしまうほどの脅威が、すぐそこまで迫っていた!

「Justice League / ジャスティス・リーグ」2017年11月18日 日本公開


Source: Comic Book, Comic Book Movie
Category: Justice League / ジャスティスリーグ
Published on: 2017/03/07
  • Comment: 0
  • Trackback: 0