「キングコング:髑髏島の巨神」明日ジャパンプレミア、「ジョン・ウィック」監督が手掛けるシャリーズ・セロン主演「Atomic Blonde」トレーラー公開、「Arrow」マルコム役 ジョン・バロウマン誕生日パーティーの様子

kong_si_2017_0207_01.jpg



「キングコング:髑髏島の巨神」明日ジャパンプレミア







北米映画興行収入=「キングコング」初登場首位、ローガンは2位



バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ジョーダン・ボート=ロバーツ監督の新作アドベンチャーアクション映画「キングコング: 髑髏島の巨神」(日本公開3月25日)が初登場1位で6100万ドル(約70億円)を稼いだ。

事前予想の4500万─5000万ドルを大きく上回る好調ぶりだが、製作コストが1億8500万ドルと巨額であることを考えると、黒字を確保するには今後海外でもヒットする必要がありそうだ。(Reuters











シャリーズ・セロン主演「Atomic Blonde」トレーラー公開




映画『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチ監督が手掛けるアクション・スリラー映画『Atomic Blonde(原題)』のファーストトレーラーで、シャリーズ・セロンは自身が危険極まりない存在であることを証明している。

セロンは、ベルリンの壁が崩壊する直前の1989年にドイツに送り込まれた究極の英国人スパイ、ロレイン・ブロートンを演じる。彼女のターゲットは、潜伏していたこちらの捜査官を殺し、逆に二重スパイを西側に密輸した疑いのあるスパイグループだ。(Variety









「Arrow」マルコム役ジョン・バロウマン誕生日パーティーの様子




スティーヴン・アメルも参加したみたいだ


Category: 映画 ドラマ TV 音楽 関連
Published on: 2017/03/14
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment