ベン・アフレック - アルコール依存症の治療が終了した事を自ら報告

bvs_ben_affleck_2017_0131_01.jpg



●ベン・アフレック - アルコール依存症の治療が終了した事を自ら報告


ベン・アフレックがFacebookにてアルコール依存症の治療が終了した事を報告した。

「アルコール依存の治療を終了しました。僕が過去にも取り組んでいたことで、これからも立ち向かうことです。精一杯生きたいですし、最高の父親になりたいです。僕の子供たちには必要であれば助けを得ることが恥ずかしいことではないと知ってほしいですし、助けが必要だけれど、最初の一歩を恐れている誰かの力の源になってほしいです。僕がやるべき仕事をするにあたり、愛する家族、友人、僕のことをサポートし、子供を思ってくれる共同の親のジェン(ジェニファー・ガーナー)がいることを幸運に思います。これはポジティブな回復に向けてのたくさんのステップの最初の一歩です」
Hollywood News



ベン・アフレック、1月には「バットマン」単独映画の監督を降板する事を発表、「クローバーフィールド/HAKAISHA」「猿の惑星:新世紀」のマット・リーヴスが新監督に就任した。

現在、「ジャスティス・リーグ」(11月18日 日本公開)のプロモーションで今月末ラスベガスで開催される映画興行主向けコンベンション、シネマコンに出席するという噂が出ている。




ベン・アフレック私生活関連

ベン・アフレック、父を本当のバットマンだと信じている息子の為に、息子がジョーカーだと思い込んでいる配達員と戦う芝居を毎回行うほのぼのエピソード



ben_affleck_2016_0507_01.jpg




Source: Batman News, Hollywood News
Category: DC Extended Universe / DCEU その他
Published on: 2017/03/15
  • Comment: 0
  • Trackback: 0