候補は5作品、「フラッシュ」か「スースク2」か?年内にもう1本DC映画の撮影を追加したいワーナー・ブラザース

dceu_2017_0317_01.jpg


●年内にDC映画の撮影を追加したいワーナー


本日「アクアマン」の延期が明らかになったDCコミックス原作映画シリーズDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)。

昨年まで伝えられていた情報では2018年公開の作品はエズラ・ミラー主演「The Flash」、ベン・アフレック主演「The Batman」、ジェイソン・モモア主演「アクアマン」の3本であったが、「The Flash」の監督が不在となり、前監督リック・ファムイーワの脚本も書き直し、先日バットマン単独映画の撮影は来年になると伝えられた。

このままでは2018年に公開され2017年に撮影が行われるDC映画は「アクアマン」のみになってしまう。そんな中Varietyのリポーターであるジャスティン・クロールがワーナーが年内に「アクアマン」以外に何か1つ、DCコミックス原作映画の撮影を行いたいとしているという情報をもたらし、5作品の候補を挙げた。挙げられた作品はハーレイのスピンオフ「Gotham City Sirens」、「The Flash」、「スーサイド・スクワッド2」、「グリーン・ランタン・コァ」、「ダーク・ユニバース」である。











脚本完成や監督決定の課題はあるが、もし撮るなら、どれが良いだろう?これからのDC映画情報が色々と出ているのに来年「アクアマン」のみというのは寂しい。






Source: Batman News
Category: DC Extended Universe / DCEU その他
Published on: 2017/03/17
  • Comment: 0
  • Trackback: 0