シルバーセーブルとブラックキャットの「スパイダーマン」スピンオフ映画を製作中、MCUとの繋がりはなし

silver_sable_black_cat_spider-man_spinoff_2017_0323_01.jpg


●シルバーセーブルとブラックキャットの映画を製作中


「ヴェノム」の公開日が伝えられたばかりだが、別のスパイダーマン・スピンオフ映画の情報をThe Hollywood Reporterが伝えた。

記事によるとブラックキャットとシルバーセーブルの映画化をソニーは進めている。この作品は “secret female spinoff project”(秘密の女性スピンオフ計画)という名で動いていたらしい。

脚本家は「マイティ・ソー/ダークワールド」のクリストファー・ヨスト。海外ドラマ「ウエストワールド」の製作者リサ・ジョイが以前に書いた脚本をベースに執筆中。プロデューサーには「スパイダーマン: ホームカミング」のマシュー・トルマックとエイミー・パスカル。

ソニー・ピクチャーズは秋に撮影を始めたいそうで、現在監督を探しているのだという。

原作ではシルバーセーブルは戦争犯罪者を捕まえる会社を経営する傭兵。フェリシア・ハーディ/ブラックキャットはアクロバティックな泥棒でスパイダーマンとはロマンティックな歴史がある。ブラックキャットはサム・ライミ版では脚本からカットされたが、「アメイジング・スパイダーマン2」ではブラックキャットとの関連は明確に描かれなかったが、フェリシティ・ジョーンズ(「ローグ・ワン」)がフェリシア・ハーディ役を演じた。

残念ながら、この映画も「ヴェノム」と同様にマーベル・スタジオによるマーベル・シネマティック・ユニバースとは繋がりはない。この情報を伝えたThe Hollywood Reporterのボリス・キットはツイートでその事を伝えている。









Source: The Hollywood Reporter(via Spider-Man News, Comic Book Movie)
Category: Marvel / マーベル 映像化作品情報
Published on: 2017/03/24
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment